単勝で勝つ方法

▼本日は、単勝の攻略法について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼前回は、基本的な単勝馬券の買い方について解説しました。

参考記事
 ↓
単勝馬券の買い方

今回は、その応用編として、単勝馬券で勝つ方法について考えてみたいと思います。



▼まず、単勝は、すべての馬券種の中で、最も還元率が高い馬券種のひとつです。

単勝の還元率(払戻率)は80%

WIN5の還元率が70%であることを考えると、10%も有利になっています。



単勝馬券で勝つためには、この還元率の高さを最大限に利用するのが良い。

狙うは、本命サイドの単勝と、中穴の単勝ですね。

大穴の単勝でも勝てますが、還元率の高さを活かすなら、本命サイドと中穴が良いかなと。



▼買い目点数を考えると、本命サイドなら1点勝負。中穴なら1~4点まで増やしても、回収率できます。

大切な事は合成オッズであり、単勝馬券が的中したときに、しっかり利益が出るかどうかがポイントになります。



▼そう考えると、断然人気の単勝馬券は、避けた方が良いと言える。

断然人気の単勝は、非常に的中率が高く、購入する人が多いんですが、プラス回収にするのが難しいです。



▼断然人気という事は、単勝オッズ1倍台。

ここまで売れてしまうと、オッズの絶対値が小さすぎて、なかなか控除率の20%を超えるのが難しくなるわけです。



▼断然人気の単勝でも、プラス収支にすることは可能ですが、かなり上手い人でも105%くらいが限度かなと。

通常は断然人気の単勝を狙うと、長期回収率は80~85%くらいで頭打ちになります。



▼なので、1番人気の単勝を狙うのは別に悪くないんですが、オッズは3倍くらいあったほうが、利益を出しやすくなります。

その点から考えると、1番人気よりも、2番人気や3番人気の単勝の方が、さらに利益は出しやすくなるということになります。



▼もっと言えば、 4番人気以下の単勝馬券。

実は、これが一番回収率を上げやすかったりします。

オッズの数値が大きくなるので、オッズの歪みを突いていけば、簡単に回収率100%を超えます。



▼この場合、単勝の多点買いも有効な戦略となる。

通常、単勝馬券は1点勝負が基本ですが、中穴なら2~4点まで買い目点数を増やしても、回収可能なわけです。



▼大穴の単勝でも、多点買いで利益を出す事は可能ですが、大穴サイドはどうしても基本回収率が低くなりがちなので、私はあまり狙いません。

無理に大穴の単勝を狙わなくても、本命サイドと中穴の単勝で、十分利益は出るからです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




人気薄の単勝でプラスにする方法

▼単勝で勝つ方法についての考察を続けます。

先ほどは、「本命サイドと中穴の単勝」での優位性について書きました。

ここでは、「大穴の単勝」について考えてみたいと思います。



▼上述した通り、大穴の単勝でも長期回収率をプラスにすることは可能です。

本命サイドや中穴と比べると、少し難易度は上がりますが、ポイントさえ押さえておけば、十分回収できる。



▼まず、大穴の単勝を狙う場合、「荒れるレースを選ぶ

これが最初のポイントになります。

大穴の単勝を狙うわけですから、レースそのものが荒れないと、お話にならない。



▼なので基本的には、多頭数のレースを選んでいくのが良い。

少頭数のレースだと、どうしても人気馬が強いので、固く収まってしまうケースが多いわけです。



▼多頭数というのは、大体16頭以上かな。16~18頭立てですね。

これくらいの頭数で狙っていけば、定期的に大穴馬が勝つので、それを狙っていけばいい。



▼大穴狙いの次のポイントとしては、「断然人気の馬がいないレースを選ぶ

1番人気が断然人気だと、多頭数でもその1番人気が勝つ確率が高くなってしまい、大穴馬の出る幕がない。

なので大穴狙いの場合は、「1番人気が弱いレース」を選んでいく方が、効率よく的中率を上げていくことができます。



▼さらに次のポイントとしては、「逃げ・先行馬を選ぶ

競馬の脚質は、逃げ・先行・差し・追い込みと、大きく4つに大別できます。

このうち、大穴馬が好走しやすいのは、逃げ・先行かなと。

つまりは、前に行ける馬ですね。



▼競馬では、前に行ける馬がデータ的に有利。

大穴馬というのは、弱い馬ですから、弱くても何とかなるようにしなければならない。

そのためには、先行するのがベター。

大穴馬の単勝を狙うなら、追い込み馬より、先行馬をお勧めします。



▼ここまで書いてきたような条件を徹底的に守っていければ、大穴馬の単勝で、プラス収支にすることができると思います。

大切な事は、適当に大穴馬の単勝を狙うわけではないということ。

自分のフィーリングより、データを信じること。

それができれば、大穴馬の単勝で勝つ方法に近づけると思います。



▼▼ここまでをまとめてみましょう。

単勝馬券で勝つ方法は3つ。
①本命サイドの単勝1点買い

②中穴サイドの単勝1~4点買い

③大穴サイドの単勝1~6点買い



はい。
単勝馬券で利益を出すためには、主にこの3パターンで攻めていくことになります。



▼回収率が最も高くなりやすいのは、②の中穴単勝。

的中率と回収率のバランスが良いのは、①の本命サイド単勝

ということになります。

大穴の単勝は、最も難しいので、競馬歴が長い人や、大穴党以外は無理に狙わなくても良いかと思います。



▼では次に、「本命サイドの単勝1点買い」について、具体的に考えてみたいと思います。

先ほども書きましたが、本命サイドの単勝を狙う場合は、いくつかのポイントとコツがあります。

まとめてみましょう↓


×断然人気の単勝は避ける

○1~3番人気で、オッズ3倍以上を狙う

×追い込み馬は、できれば避ける

○先行馬は狙い目

×極端な外枠は避ける



はい。
本命サイドの単勝馬券で利益を出す場合、この辺は基本的なポイントになります。



▼まず、「×断然人気の単勝は避ける

先ほども解説した通り、断然人気の単勝馬券は、オッズ幅が小さすぎて、オッズの歪みを突いていくことができません。

どんなに期待値の高い馬でも、単勝オッズ1.3倍では、控除率の20%を超えるのが非常に難しいわけです。



▼オッズの絶対値が小さいゾーンでは、オッズの歪み幅も小さくなる。

つまり、「オッズの間違い」を探して、そこで利益を出していくのが基本になるのに、その作戦が思ったように機能しないわけです。

例えば、単勝1.3倍の馬が過小評価されていたとしても、実質のオッズはせいぜい1.2倍くらいにしかならないわけ。

ここは難しいところですが、感覚的に捉えてください。



▼これが逆に、本命サイドではなく、中穴だったら?

例えば、単勝オッズ10倍の馬が過小評価だとする。

すると、実質オッズは7倍くらいということもあり得る。

7倍が10倍になっていれば、これはお買い得なんですね。



▼競馬で利益を出すということは、このような作業の積み重ねになります。

つまり、ひたすらお買い得な馬券だけを購入していく。

オッズが間違っている部分だけを狙っていく。

馬券で儲けるには、これしかないわけです。



▼このようなオッズの歪みは、中穴サイドが最も出現しやすい印象です。

本当は大穴サイドが最もブレが大きくなるわけですが、大穴サイドは基本回収率が低くなるため、ちょっと狙いにくいゾーンなんですね。

したがって、単勝馬券で儲けるためには、本命サイド(オッズ3倍以上)か、中穴サイドの単勝で狙っていくのが有効になるわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。