勝っている人の馬券の買い方

▼本日は、勝っている人の買い方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬では、多くの人が負けてしまいますが、「勝っている人」も、もちろんいます。

勝ち組は、勝ち組同士で固まる習性があるので、負け組の人は、この世に競馬で勝っている人を見たことがないかもしれませんね。



▼私は常に、勝ち組の定義を「年間プラス収支」で判断しています。

私自身も、少額ですが年間プラス収支が続いています。

私の周りにも、年間プラス収支の知り合いが複数います。



▼では、競馬で勝っている人の買い方は、どのような買い方なのか?

私が今まで見てきた、勝ち組の人々の買い方を考察してみましょう。



競馬で勝っている人の買い方↓

・単勝1~4点買い

・馬連とワイドを1:1で買う(各1~2点)

・単勝と複勝を1:2で買う

・三連複軸2頭ながし

・三連複軸1頭ながし。相手8頭

・三連単1着固定。相手6~8頭

・三連単2着固定(複勝回収率が高い馬を軸にする)

・三連単6頭ボックス



はい。
思いつくままに書いてみましたが、私の周りで勝ち組の人々は、このような買い方をしていることが多い印象です。



▼買い方としては、意外と普通だと思います。

奇をてらった買い方で勝っている人はほとんどいない印象です。

では、なぜこのようなオーソドックスな買い方で勝てるのか?



▼これはいつも書いていますが、「自分の買い方に合ったレースを選んでいるから」です。

流し馬券なら、軸馬の期待値が高いレースを選ぶ。

ボックス馬券なら、荒れそうなレースを選ぶ。

このような基本的な事がしっかりできているから、勝ち組の人は年間プラス収支になるわけです。



▼これに対して、負け組の人は、レースを選ばない。

例えば、「重賞レースは全て参加する人」

このようなタイプは、負け組になりやすいです。

なぜかというと、自分でレースを選んでおらず、そこにあるレースに参加しているだけだからです。



▼例えば、先程の買い目の例で言えば、「単勝1~4点買い」

この場合、勝ち組は、明らかに単勝回収率が高いであろう馬がいるレースを探します。

逆に、負け組は、そこに重賞レースがあるから参加する。買い方は後から考える、という人が多いわけですね。



▼単勝の多点買いで利益を出すためには、単勝を購入する馬が、すべて期待値の高い馬でなければならない。

最初から、単勝の多点買いを決め打ちしてはダメなんです。

なぜなら、単勝の多点買いで利益を出せるレースは、1日の中でそんなに多くないからです。

この意味が全くわからない人は、まだ勝ち組にはなれないかもしれません。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




馬券で儲けている人の買い方

▼勝ち組の馬券の買い方についての考察を続けます。

先ほどの続き。

次の買い方です。

馬連とワイドを1:1で買う(各1~2点)

これもうまく活用すれば、非常に回収率の高い買い方になります。



▼この買い方の基礎部分は、「馬連1点勝負」になります。

まず馬連1点で勝負できそうなレースを探す。ここがスタートライン。

最初はワイドのことは考えません。

あくまでも、選ぶ2頭の期待値が高いレースを考えます。



なぜ最初にワイドを考えないかというと、最初にワイドありきの戦略では、予想が受け身になるからです。

「3着でもいいよね」と考えると、4着になるものです。

これは経験がある人も多いのではないでしょうか。



▼例えば、「複勝で狙ったら4着」とか「単勝で狙ったら2着」というような決着です。よくありますよね。

なので、馬連とワイドを1:1で買う場合でも、最初にワイドをイメージしてしまうと、4~5着になってしまう可能性が高いわけです。



▼ですから、あくまでも狙いは「馬連1点勝負」

そして、馬連の保険として、念のためワイドを押さえておくわけです。

このような狙い方なら、「馬連を狙って1-3着」だった場合でも、ワイドでリスクヘッジできます。



▼この買い方の場合、あまり多点買いは向かない。

なぜかというと、ワイド馬券の特性を考えると、多点買いすると全体の回収率が下がるからです。

ワイド馬券はオッズが低いため、できるだけ買い目点数を絞りたい。

なので、馬連とワイドを1:1の場合は、各1~2点買いが良いと思うわけです。



▼また、馬連を1~2点でゲットするためには、あまりにも難解で荒れそうなレースは避けた方が良いです。

例えば、「フルゲート18頭のハンデ戦」

このようなレースを、馬連1点で取るのは非常に難しいです。

ワイドで拾うのもかなり難しい。



よって、馬連&ワイド1~2点勝負の場合は、落ち着いた頭数のレースの方がうまく行きやすいです。

具体的には、10~14頭立てくらいですね。

これくらいの頭数なら、人気馬の好走確率も高くなるので、馬連1点でも的中させる事はそれほど難しくないわけです。



▼▼想定配当を落ち着いたものにするためには、頭数だけでなく、その他のレース条件についても気を配る必要があります。

例えば、「最終レース」は要注意。

最終レースは、意味不明な荒れ方をするケースが多いので、私はあまり手を出しません。

ましてや、馬連&ワイド1~2点勝負では、比較的本命サイドで決まるレースを選びたいので、最終レースは避けた方が無難です。



▼最終レースの特徴としては、「ガチガチ決着と、大荒れが多い」

なので、中穴狙いの私としては、最終レースはあまり好みでは無いわけです。

これも1つのレース選びと言えます。



▼負け組の人は、このような発想でレースを選んでいないわけです。

「メインレースを外した!くっそー!有り金かき集めて、最終レースで一発逆転だ!!」

これが負け組の発想ですね。

そこには、レース選びという概念は全くなく、ただ感情だけが存在しています。



▼競馬で勝っている人は、感情に流されません。

ただ期待値の高い馬券だけを探して、それを淡々と購入する。これが勝ち組。



▼逆に、常に感情に流され、期待値を考えず、自分が買いたい馬券だけを購入する。これが負け組。

競馬のレースに対して、必要以上にテンションが上がってしまう人も、負け組の要素が強いです。

あまりにも競馬を楽しみにしすぎてしまうと、負け組になりやすいわけです。



▼日曜日の競馬が終わると、すぐに次の週の重賞レースに思いを馳せる。

「来週の重賞レースは何かなー。ワクワク」

これはこれで悪くないんですが、勝ち組か負け組かと言われると、これは負け組のパターンなんですね。



▼私も、私の周りの勝ち組の人々も、普通の競馬ファンから見たら、かなり冷めている様に見えるかもしれません。

自分が勝負するべきレースを、冷徹に見極めるからです。

G1レースでも、自分が勝負するべきレースではないと判断したら、あっさりと見送ります。1円も賭けません。



▼なので、あまりにも競馬が好きだったり、競馬にドキドキワクワクしてしまう人は、なかなか勝ち組になれない印象です。

競馬が好きであればあるほど、レースを見送ることができなくなってしまうからです。



勝ち組になるためには、「勝っている人の買い方」を真似するのも有効ですが、上述したような、「メンタル面」を真似することも非常に重要になります。

できるだけ冷めた目で競馬を見る。

そうすると、自分が勝負すべきレースが見えてきます。

期待値が高いレースや、期待値が高い馬、利益になりそうな馬券。

とにかくこれを探すことだけに集中する。

ドキドキワクワクは後回しです。というか不要。

それができれば、勝ち組に一歩近づくと思います。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。