単勝・複勝では勝てない?

▼本日は、単勝と複勝は勝てないのか?について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼中央競馬の馬券には、9種類のバリエーションがありますが、単勝・複勝は活用しているでしょうか?

競馬ファンの声を聞くと、「単勝・複勝では勝てないから、買わない」という人も多いようです。



▼では、単複馬券は、本当に勝てないのか?

私の考えをいえば、「単複でも普通に勝てる」と思います。



▼ちなみに私の馬券成績は、近年ずっと年間プラス収支が続いています。

馬券種別の回収率も記録していますが、単複でもプラスになっています。



▼多くの人が、「勝てない」と言っている単複で、なぜ私はプラス収支なのか?

その理由は簡単で、「期待値が高い馬だけを狙って購入しているから」です。



▼そもそも、単複は勝てない!と言っている競馬ファンは、単複以外の馬券種でも、おそらく負けている。

すべての馬券収支を記録している人は、ほとんどいないので、自分が負けていることに気づいていないだけです。



▼例えば、三連単は1つの的中で、大きな払い戻しを得ることができます。

なので、三連単は「勝った気になる」わけです。

でも、しっかり馬券収支を馬券種ごとにつけていくと、意外と三連単より、単複の方が回収率が高かったりする。



▼馬券には、それぞれ「控除率」というものが設定されています。

これは馬券種ごとに割合が違います。

三連単の控除率は27.5%、馬連の控除率は22.5%、という感じで。



▼そして、単勝と複勝の控除率は、なんと20%です。

他のどの馬券種よりも控除率が低い。

つまり、回収率が上げやすいということになるわけです。



▼このようなお得な単複なのに、なぜ多くの人は勝てないと感じるのか?

それは、「配当が低いから」なんですね。

的中時の配当が低いから、勝った気がしない。

単複が勝てないと思っている人の多くは、思い込みだったりするわけです。



▼確かに、腕がある人にとっては、単勝よりも「三連単1着固定」や「馬単1着固定」の方が利益を出しやすい部分があります。

1着固定の場合、ヒモ馬を自分で絞り込むことができるので、回収率を上げやすいんですね。

単勝は、「1着固定総流し」と同じ意味合いになるので、回収率が平均化されてしまい、裁量が入る1着固定より利益を出しにくくなるわけです。



▼ですが、多くの競馬ファンはそこまでの腕はない。

なので、単純に控除率が低い単勝・複勝を選んだ方が、長期回収率は高くなりやすいと思います。

なのでまずは、自分が購入した馬券種ごとの収支をつけること。

そうすると、単複の回収率が意外と高いことがわかると思います。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




単勝・複勝馬券で勝てない人の特徴・傾向

▼単勝馬券は勝てないか?についての考察を続けます。

先程の続き。

単勝馬券が勝てないと言っている人の傾向を考えてみます。



▼例えば、単勝馬券で勝てない人の特徴↓

・大穴馬の単勝を買う
・断然人気馬の単勝を買う
・単勝は、1点買いじゃなきゃダメだと思っている
・期待値を考えていない



はい。
このような特徴に当てはまる人は、単勝馬券で勝てていない印象です。



▼まず、「大穴馬の単勝を買う

大穴馬の単勝は、当たれば大きな利益になるんですが、大穴サイドは期待値的に美味しくないケースが多いので、大穴馬の単勝を狙う人は、なかなか勝てないことになります。

大穴馬が勝つ確率も極めて低く、効率が悪い買い方になります。

参考記事
 ↓
競馬初心者の単勝・複勝の買い方



▼次に、「断然人気馬の単勝を買う

断然人気の馬は、明らかにそのメンバーの中で、力が上です。

なので、「これはさすがに勝つだろう」と思って、ついつい単勝を購入しまう人も多いです。



▼しかし、断然人気馬の単勝馬券は、オッズが1~2倍しかつかない。

この程度のオッズでは、的中率は上がっても、なかなか回収率が上がってこないわけです。

馬券は、回収率を上げないと儲からないので、この買い方も効率が悪いということになります。



▼次に、「単勝は、1点買いじゃなきゃダメだと思っている

勝ち馬は1頭だから、単勝は1点買いだろ!と思っていませんか?

これは大きな間違い。

単勝でも、多点買いして大丈夫です。



▼そもそも、当たり馬券が1つしかないから1点買い!と言うなら、三連単の当たりも1点しかないから、三連単1点勝負しますか?

しませんよね。

当たりの数と、購入件数は関係がないわけです。



▼要は期待値。

これが次の項目、「期待値を考えていない」に繋がります。

単勝馬券でも複勝馬券でも、結局は期待値が高い馬を購入すれば、プラス収支になるわけです。



▼期待値が高い馬というのは、簡単に言えば、過小評価されている馬。

強いのにあまり馬券が売れていない馬」を探して、その馬の単複を買い続ければ、長期的には高確率でプラス収支になり、利益が出るわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。