上がり3ハロンとは?

▼本日は、上がり3ハロンについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



上がり3ハロンとは、競馬のレースでの最後の600mのタイムのことです。

1ハロンが200mなので、3ハロンは600mとなります。



▼競馬中継などを見ていると、レース後に必ず「上がり3ハロンは、34.2~!!」という感じで実況されますね。

これはなぜかというと、上がり3ハロンを見れば、そのレースがどんなレースだったかわかるからです。



▼例えば、上がり3ハロンが、33.4秒だったとする。

これはいわゆる、「上がりの競馬」です。

道中はゆっくり走って、最後の600mでの勝負になっていると、わかるわけ。



▼なので、「上がり33秒台」のレースは、瞬発力勝負であり、高速馬場であると。

だからそのレースで上位に来た馬は、瞬発力勝負に適性があったと言える。

逆に、そのレースで負けた馬は、たまたま瞬発力勝負が向かなかっただけで、弱かったわけではないとも言える。



▼逆に、上がり3ハロンが36.5秒だったとする。

これは、かなり上がりがかかっています。

ということは、道中がハイペースだったか、馬場状態が悪かったと考えられる。



▼だからそのレースで上位に来た馬は、タフなレースで頑張れるスタミナがある馬と言える。

あるいは、ハイペースの恩恵で上位に来た、追い込み馬かもしれない。

もしくは、悪化した馬場を苦にしないタイプだったかもしれない。



▼このように、上がり3ハロンを見れば、そのレースがどんなレースだったかわかる。

そして、上位に来た馬がどんな馬だったかもわかる。

あるいは、負けた馬がなぜ負けたのかがわかる。



▼という事は、上がり3ハロンを見て、そのレースの内容を覚えておけば、次のレースに活用できるということになります。

競馬で勝っている人というのは、このような地味な作業を繰り返している人が多いわけです。



▼ただなんとなくレースを見て、なんとなく上がり3ハロンを見ていては、いつまでたっても競馬で勝つことはできません。

まぁ、上がり3ハロンを知らなくてもプラス収支にはできますが、知っていた方が有利なのは間違いない。



▼今まで、なんとなく上がり3ハロンを見ていた人。

今日のこの記事を見て、「へ~」とか思ったでしょ?

その気持ちを忘れず、1つ1つのレースをしっかり見て、記憶&メモしておくことが大切です。

なんとなくレースを見ていたら、なんとなく馬券でも負けてしまう。

しっかりレースを見ておけば、しっかり勝てるようになるわけです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




上がり3ハロンから見えてくること

▼上がり3ハロンについての考察を続けます。

ここでは、具体的なレースを使って、より実践的な内容にしてみたいと思います。



▼例えば、2019年のマイラーズカップ

勝ったのは、ダノンプレミアム。

レースの上がりは、なんと「32.3秒」

これが何を意味しているかというと、「道中が超スローペースだった」のと「高速馬場だった」という2点です。



▼別にこのレースに出走していた馬が、特別に末脚が切れるタイプだった訳では無い。

ここに出てきた馬は、ダノンプレミアム以外は特にレベルの高い馬ではなく、むしろG2にしては、やや低調なメンバーでした。



▼それでも、ここに出てきた10頭は、すべての馬が速い上がりの脚を使っている。

という事は、馬の強さではなく、「ペースと馬場状態」によって、この上がり3ハロンが記録されたと考えるのが妥当です。



▼パソコンの競馬ソフトを使って、各馬のラップタイムを見ればわかりますが、このマイラーズカップでは、すべての馬が後半に加速しています。

つまり、全馬が前半に楽をしていた。

その結果、余力十分に最後の直線を迎え、この高速の上がり3ハロンに繋がったと考えられます。



▼レースとしては、前に行った馬が、ほぼそのままの順位でゴール。面白くないレース。

差し馬は、出番なしでした。

これはある意味当然で、道中で全馬がゆっくり走っているわけですから、先行馬がバテないわけです。

だから前残りになった。



▼このような決着になった場合、その着順をそのまま能力として信頼することはできません。

これはいわゆる、「展開が向いた」という状態。

ここで先行した馬は、スローペースと高速馬場で、粘り込みやすい条件が揃っていたわけです。



▼なので、このようなレースを見た場合は、次走を考えるときに、先行した馬は少し割引き。

逆に、後方から末脚不発だった馬は、次走以降での巻き返しに期待。

このように考えておくと、長期回収率が上がりやすくなります。



▼多くの競馬ファンは、この逆をやってしまう。

つまり、着順をそのまま信頼してしまうわけです。

たまたま、スローペースと高速馬場の恩恵で粘り込んだだけかもしれないのに、重賞で1~3着になったというだけで、過剰に評価を上げてしまうわけです。

これをやってしまうと、なかなか馬券収支はプラスにならないので、要注意です。



▼▼では次のレースを見てみましょう。

2019年の神戸新聞杯。
勝ったのはサートゥルナーリア。上がりはなんと、「32.3秒」でした。



▼サートゥルナーリアがすごいのは、この上がり3ハロンを、「4角先頭で」出したことです。

4角先頭とは、4コーナーから直線を向く間に、早めに先頭に立つことです。

一番先頭を走っている馬が、上がり最速だと、どうなりますか?

そう。後ろの馬はまったく追いつくことができないわけです。



▼結果、サートゥルナーリアは、3馬身差もつけてこのレースを勝ってしまいました。

これは当然なんです。

一番前にいる馬が、上がり3ハロン最速なら、絶対に勝つわけですから。



▼通常は、前に行った馬の上がり3ハロンは、差し馬の上がり3ハロンより、遅くなります。

なぜかというと、後ろにいる馬の方がスタミナを温存できるので、最後の600メートルのスピードが速くなるからです。



▼ではなぜ、この神戸新聞杯では、サートゥルナーリアは先頭から、上がり最速のタイムを出せたのか?

それは、「道中のペースが、極端にスローペースだったから」です。



▼このレースは、全部で8頭しか出走しておらず、少頭数のレースになりました。

少頭数で長距離のレースになると、高確率でスローペースになります。

このレースも例外ではなく、道中のラップは、13秒台を連発していました。これは遅い。



▼簡単に言えば、道中はゆっくり走って、最後の600mだけ加速する。そんなレースだったわけです。

なので、先行馬も差し馬も、脚質は関係なく、すべての馬のスタミナが温存されていたわけです。

こうなってくると、差し馬の上がりが速いわけではなく、先行馬でも上がりが速くなります。

すべての馬がゆっくり走っているため、位置取りは関係なくなってしまうんですね。



▼その結果、1~3着馬の上がり3ハロンは、下記の通りとなりました↓


1着サートゥルナーリア(32.3)
2着ヴェロックス(32.5)
3着ワールドプレミア(32.3)



はい。
なんと、上位3頭すべて、上がり32秒台です。

いかに道中がスローペースだったかわかります。



▼これだけスローペースになると、瞬発力だけで勝ち負けが決まってしまうので、次走以降の判断が難しくなります。

このようなレースで上位に来た馬でも、次走以降でスタミナが要求されるようなタフなレースになると、ころっと負けてしまうことがあるからです。

先ほど書いた、ダノンプレミアムも、安田記念ではあっさりと負けてしまいました。

瞬発力勝負のレースは、レースレベルの評価が難しいわけですね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。