競馬で一攫千金を狙う方法

▼本日は、競馬で儲ける手法について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



競馬はギャンブルなので、当然、誰でも一攫千金が可能です。

私の個人的な意見としては、競馬は「ギャンブル」ではなく、「投資」と考えた方が勝ちやすいと思いますが、本日は、競馬のギャンブル的な魅力について考えてみます。



▼まず、競馬で一攫千金を狙う方法を列挙してみます↓


・WIN5 で宝くじ感覚の一攫千金狙い

・三連単で穴狙い(人気薄を軸として、相手8頭168点)

・本命サイドのコロガシ

・三連複で、人気薄の軸2頭から、8点ながし



はい。
競馬で、一発大儲けを狙うなら、上記のような買い方は効果的だと思います。



▼まず、一攫千金の代表例「WIN5

これも個人的な意見としては、WIN5は「狙って勝つ」というのが難しいので、あまり購入することはないです。

ただ、競馬のギャンブル的な魅力を考えると、WIN5の射幸心を煽る作りは、非常に魅力的です。



▼WIN5で大儲けしようとする場合、大きな狙い目が、「キャリーオーバー時に狙う」ことです。

キャリーオーバーというのは、「的中者なし」の時に、次回の払戻金に加算されるシステムです。



▼これをうまく利用すると、本来は還元率が70%のはずのWIN5で、還元率100%を超えることも可能になるわけです。

まぁ、一攫千金という点で考えると、このような還元率の皮算用は、あまり意味がない気もしますが、長い目で考えると、キャリーオーバーというのは非常にお買い得なわけです。



WIN5のデメリットがあるとすれば、「資金力が必要」「的中率が極めて低い」

この2つかなと。

的中率が低いというのは、一攫千金を狙うなら仕方のない部分です。

問題は、資金力の方。



▼一攫千金を狙いたい人や、馬券で大儲けしたい人というのは、総じて資金力がない

お金がある人というのは、あまり一攫千金は狙わないものです。

すでにお金があれば、馬券を投資として考えることで、より確実に手元の資金を増やすことができるからです。



▼なので、「今あまりお金がないけど、競馬で一攫千金を狙いたい!」

こう考えている人は、WIN5より、「三連単」の方が、使い勝手が良いです。

三連単は、100円から馬券購入できるので、少ない資金で大儲けすることが可能です。



▼控除率の面を考えても、三連単はWIN5より、2.5%お買い得になっています。

まあこの辺も、一攫千金にはあまり関係ないわけですが、期待値は高いに越した事はないですね。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




三連単で、特大万馬券を取る方法

▼競馬で一攫千金を狙う方法についての考察を続けます。

先程の続き。

三連単で一攫千金を狙う場合、ひとつのポイントが「人気薄を軸にする」という点です。



▼基本的に馬券というのは、人気馬を軸にした方が、的中率&回収率が上がりやすい傾向にあります。

私もほとんどの馬券構成は、人気馬を軸にしています。

ただ、「馬券で大儲けしたい!」という人の場合は、これが逆になります。



▼人気馬を軸にしてしまうと、的中率が一気に上がる代わりに、特大の万馬券が拾えなくなります。

3着以内に、必ず人気馬が入ってしまうので、配当が跳ね上がらないんですね。



▼それに対して、人気薄を軸にすれば、他の2頭の入り方によって、配当は爆発します。

三連単では、2000万馬券というのもありましたね。

100円が、2,000万円になる。

これぞ一攫千金でしょう。



このような特大の万馬券をゲットするためには、軸馬を人気薄にするか、あるいはボックスで買うしかない。

ただ、三連単のボックス馬券は、買い目点数が非常に多くなるので、ここでも資金力が必要になるわけです。



▼三連単のボックスは、例えば「6頭ボックス」でも、120点もあります。

1レースに、最低でも1万2,000円かかるわけです。

「10頭ボックス」なら、720点!

1レースに、最低でも72,000円もかかってしまう。



▼これでは資金力がない人は、とても手が出ません。

なので、現実的なラインとしては、「三連単で人気薄を軸にして、大穴を狙う」

これなら、「軸1頭。相手6頭」で、9000円。

もし、1着固定にすれば、「1着固定。相手6頭」で、3000円から夢の馬券を楽しめるわけです。



そう考えると、やはり三連単の基本は「1着固定」かと。

「1着になりそうな人気薄」を予想する練習だけをひたすら繰り返す。

それが上達すれば、少ない資金で、三連単の特大万馬券をゲットすることが可能になります。



このような単勝回収率をベースにした考え方は、一攫千金戦略だけでなく、本命サイド~中穴狙いでも効果を発揮します。

競馬の基本は、勝ち馬を当てること。

なので、まず1着馬をひたすら予想する練習をすることで、投資競馬も、一攫千金も、どちらも上達するわけです。



▼▼さて、このような一攫千金狙いの戦略にも、デメリットがあります。

一攫千金を狙う上で、最大のデメリットは、「的中率が低いこと」です。



▼これは当たり前なんですが、一攫千金を狙えば狙うほど、的中率は下がっていきます。

一攫千金の代表例、宝くじなどは、1等なら一発で億万長者ですが、的中率が極端に低いわけです。

三連単も難しいですが、宝くじの1等は、そのレベルではありません。



▼逆に言えば、的中率を下げるような馬券戦略を取れば、一攫千金に近づくということになります。

一攫千金を狙う仕組みをしっかり理解することで、自分にはどのような馬券の買い方が合うか?これがわかるようになってきます。



一攫千金という事は、言い換えると、合成オッズを極限まで上げるということになります。

つまり、賭け金に対しての払戻倍率をどんどん上げていく。

これが一攫千金というわけです。



▼通常競馬では、私の場合は、合成オッズ3~4倍くらいで勝負することが多いです。

1レースに1万円賭けたとすれば、的中時には、3~4万円の払戻金になる計算です。

なぜ合成オッズ3~4倍に調整しているかというと、それくらいの倍率に設定するのが、最も平均回収率が高くなりやすいと感じるからです。



▼これがオーソドックスな買い方とするならば、一攫千金は、全く違う買い方になります。

一攫千金を狙う場合、賭け金が1万円だとすれば、的中時に100万円くらいは欲しいですよね?

最低でも50万円くらいは欲しいところ。

そう考えると、設定すべき合成オッズは、50~100倍になるわけです。



▼なので、三連単で人気薄を軸にして、狙うオッズは、5000倍~10000倍ということになるわけです。

配当で言えば、50万馬券から100万馬券。

これはかなり出現率が低いです。

なので、ピンポイントで狙ってもなかなか的中しませんが、闇雲に手を出すと、賭け金が膨れ上がってしまい、損失が拡大してしまいます。



▼ですから狙うべきは、「多頭数」「ハンデ戦」「牝馬限定戦」「ローカル開催」

この辺になります。

つまり、荒れる条件を積極的に狙っていくわけですね。



▼一攫千金を狙う場合、少頭数のレースなど、固そうなレースには絶対に手を出してはいけません。

堅く収まりそうなレースで一攫千金を狙っても、そもそも高配当が出現しないので、まったく的中しないということになってしまいます。

競馬で一攫千金を狙うなら、必ず荒れる条件を狙っていくことをおすすめします。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。