勝ち組と負け組の違い

▼本日は、馬券で勝っている人の考え方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬で負けている人は信じられないかもしれませんが、競馬には「勝ち組」が、厳然として存在しています。

勝ち組というのは、私の認識では、「年間プラス収支」を達成している人。

このような勝ち組が、競馬の世界では一定数、存在しているわけです。



▼ただ、その比率は非常に少なく、競馬ファン全体の3~5%くらいかなという印象です。

95~97%は、負け組ということですね。



▼こうやって書くと、馬券は非常に難しいもののように感じますが、パチンコでも株でも、勝ち組の比率というのは非常に少ないものです。

もっと言えば、スポーツの世界でも、ビジネスの世界でも、勝ち組の数は負け組の数よりずっと少ない。



▼では、このような少数派の勝ち組になるためには、どうすればいいのか?

勝ち組と負け組は何が違うのか?

私の考えを列挙してみます↓


・勝ち組は、馬券に取り組むときも仕事と同じように、真剣に取り組んでいる

・勝ち組は、常に長期目線で馬券収支を考えている

・勝ち組は、期待値が高い馬券だけを探している

・勝ち組は、的中率はあまり気にしない

・勝ち組は、競馬を楽しみにしすぎない

・勝ち組は、自信のないレースはG1でも見送る

・勝ち組は、当たっても喜ばず、外れても落ち込まない



はい。
軽く書き出してみましたが、これらは勝ち組の要素のように思います。



▼まず、勝ち組は「真剣に取り組んでいる

競馬は遊びのゲームなので、ほとんどの人は真剣に取り組んでいません。

競馬新聞で予想を楽しむ。それはいいと思う。

でも、予想を楽しむだけでは、まず勝ち組にはなれないわけです。



▼馬券というのは、自分の大切なお金を賭けるわけですから、仕事と同じように真剣に取り組まなければならない。

少額で趣味の範囲で楽しむなら、遊びでやってもいいんですが、もし勝ち組になりたいと思うなら、しっかり覚悟を決めないと無理です。



▼例えば、自分の狙っている条件のレースでは無いレース。

普通なら見送りです。

でも、それがG1だったら?

あなたは見送れますか?



▼競馬の勝ち組は、そのレースがG1だろうと、自分の条件に合っていなければ、普通に見送ります。

なぜなら、自分のルールに反する馬券購入は、すべて回収率を下げる原因になるからです。



▼馬券には、「馬券を買いたい!」と思わせる魅力があります。

だからついつい、何も考えずに馬券購入してしまう。

これが負け組の特徴です。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




勝ち組は、長いスパンで考える

▼勝ち組と負け組の違いについての考察を続けます。

先程の続き。

次は、「勝ち組は、長期目線で考えている



▼競馬というのは確率のゲームなので、確率が収束するくらいの期間で考えていかないと、馬券収支は安定しません。

ほとんどの競馬ファンは、目先のレースが当たったとか外れたとか、そういう短期的な視野でしか見ていない。

だから負けるわけです。



▼勝ち組は、ある程度長いスパンで考えている。

最低でも3ヶ月。

3ヶ月以上の収支がプラスになれば、それで良しなんです。



なので、1ヶ月の馬券収支がマイナスだったとしても、それはどうでもいいこと。

なぜなら、確率には必ず偏りが発生し、それはコントロールできないからです。



▼短期的な確率の偏りによるマイナス収支は、最初から織り込んでおかなければならない。

「短期的には負けるものだ」と認識しておくわけです。

そうすることで、一喜一憂せず、長い目で見ていくことができるようになります。



▼馬券の勝ち組といっても、結局みんな同じなんです。

長期スパンでプラス収支にすることを考えているだけ。

どんな勝ち組でも、毎週大儲けしている人はいません。

ここを勘違いしないほうがいい。



▼負け組の競馬ファンは、視野が狭すぎるわけ。

「ああ、今週も負けた…。もうダメだ…」という感じで、目先のレースに一喜一憂してしまうわけです。

これをやってしまうと、長期的な期待値分析がおろそかになり、さらに負け組になります。



▼競馬の場合、どんなに予想に時間をつぎ込んでも、ちょっとしたレース中のトラブルで大きく着順が変わってしまいます。

なので、予想を頑張れば勝てるようになるわけでは無い。

それは努力の方向性が違うわけです。



▼勝ち組は、目先のレースを当てようと努力する訳では無い。

そうではなくて、長期回収率をプラスにするための努力をしているわけです。

そのために、勝ちやすいレースを選んだり、勝算のないレースは見送ったりするわけですね。



▼1つ確実に言えるのは、勝ち組は穏やかな雰囲気です。

それに対して、負け組は熱くなっている。

負け組の方が、競馬を楽しんでいる感じはしますが、お金は減ってしまいますね。

競馬は趣味のゲームなので、どちらでも良いと思いますが、もしあなたが勝ち組になりたいなら、勝ち組のクールな雰囲気を身に付けることが重要です。



▼▼では次に、「勝ち組は、期待値が高い馬券だけを探している」ということについて。

これは、馬券で利益を出すために、最重要ポイントと言ってもいい部分です。



▼まず期待値というものを簡単に説明してみましょう。

例えば、わかりやすく単勝馬券で考えてみます。

単勝馬券は、最大で18通りの買い目があります。

そして当然ですが、この18点にはそれぞれオッズが決められています。



▼単勝馬券の中で、最もオッズが低い馬を、1番人気馬と言いますね。

そして、18頭立てなら、最もオッズが高い馬が18番人気になるわけです。



▼ここまでは誰でもご存知かと思います。

ただ、競馬で勝つためには、ここで思考停止してしまうとダメなわけです。



▼ほとんどの競馬ファンは、オッズしか見えていない。

目に見えるものしか見えていないわけです。だから負ける。

しかし、すべての馬券には、目に見えない期待値が存在しているわけです。



▼期待値というのは、わかりやすく言えば、回収率に近いですね。

そのパターンの馬券を買い続けたときに、どれくらいの回収率になるか?

これが馬券における期待値と、私は定義しています。



なので、すべてのレースに1番人気が存在していますが、それぞれの1番人気は期待値が違うわけです。

儲かる1番人気もいれば、儲からない1番人気もいる。

馬券で利益を出すためには、儲かる1番人気を探して、そこだけ購入しなければならない。

まあ、これは1番人気馬から流す場合なので、軸候補を1~3番人気まで広げるとすれば、1~3番人気馬の中で、期待値が高い馬がいるレースで勝負する、ということになります。



▼私が見たところ、ほとんどの競馬ファンは、この作業ができていない。

ただ何となく競馬新聞を見て、「この馬が良さそうだ!」というフィーリングで軸馬を決めてしまうわけです。

だから、ほとんどの競馬ファンは、負け組になってしまうんですね。



▼馬券で勝ち組になるためには、馬券を当てる必要は無い。

逆説的なんですが、馬券の的中確率と馬券の期待値は、まったく別物なんですね。



▼的中率なんて、オッズが低ければ高くなる。

逆に、穴狙いすれば、的中率は低くなる。

ただそれだけの話です。

だから、馬券で儲けたければ、的中率はあまり重視しない方が良いということになります。

勝ち組になるために見なければならないのは、目に見えるオッズや的中率ではなく、目に見えない期待値なんですね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。