競馬初心者の馬券の買い方

▼本日は、競馬初心者さんの買い方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼馬券の買い方は無限にあり、その自由な感じが競馬の魅力でもあるわけですが、適当に買うと大きく負けるのが競馬でもあります。

競馬には「勝つための買い方」「負けない買い方」というものが存在しています。



▼ではまず、競馬初心者さんに向いていると思われる買い方を列挙してみます。


・馬連3点流し(人気馬から中穴馬へ)

・ワイド2点流し(すべて人気馬)

・単勝1点買い(1~3番人気から選択。ただし断然人気馬はダメ)



はい。
これらは、競馬初心者さんでもリスクが低く、的中率と回収率を高めやすい買い方です。



▼まず、馬連3点流し

これは最もオーソドックスな買い方のひとつです。

軸馬を決めて、そこから相手を3頭選び、流すという形。



▼この買い方のポイントとしては、まず軸馬は人気馬にした方が、初心者さんの場合は失敗が少ないかと思います。

軸馬を人気薄にすると、的中した時の爆発力はアップするんですが、大幅に的中率が下がってしまうわけです。



▼競馬における的中率というのは、ほぼ人気に比例します。

なので、軸馬を人気薄にしてしまうと、それだけで大きく的中率が下がってしまうわけですね。



なので初心者さんは、最初のうちは軸馬は人気馬にした方が無難です。

それからもうひとつのポイントとして、相手ヒモ馬は、中穴馬にすると回収率が上がりやすくなります。



▼軸馬を人気馬にして、相手ヒモ馬も人気馬にしてしまうと、合成オッズが下がります。

合成オッズというのは、簡単に言えば的中した時の払戻倍率です。

馬券が的中して、賭け金が何倍になったか?この倍率が合成オッズ。



▼競馬で利益を出そうとする場合、合成オッズが低すぎると、うまくいきません。

なぜかというと、そこに控除率があるからなんですね。

競馬の控除率は25%なので、この25%を上回るような馬券を購入しないと、利益は出ないということになります。



そう考えると、オッズが歪んだ部分を狙うことになるわけですが、利益を出しやすい馬というのは、本命サイドよりも、中穴サイドに多く存在している印象です。

まぁ私の考えですが、馬券で利益を出そうとするなら、あまり本命馬ばかり購入しない方が良いかと思います。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




競馬初心者さんが大穴狙いで儲かるか?

▼競馬初心者さんの買い方についての考察を続けます。

先ほどは、競馬で利益を出すためには、適度な穴狙いをしなければならないと書きました。

これは、オッズ幅が小さすぎると、なかなか回収率をプラスにすることができないからです。



▼馬券の狙い方は、「本命買い」「中穴狙い」「大穴狙い」の3パターンに大きく分けることができます。

これは、レースをしっかり選べば、どこを購入してもプラス収支にすることは可能です。

ただ、その難易度が違う。



▼この中で、最も簡単にプラス収支に持っていけると思うのが、「中穴」かと。

私の感覚ですが、やや穴サイドを狙うのが、最も回収率を上げやすい印象です。



▼逆に、「大穴

これは最も難しい買い方になります。

まず、大穴は的中率がものすごく低いわけです。

大穴は弱い馬だから、大穴になる。

大穴は弱い馬だから、的中率が低くなるわけ。



▼その分、大穴が来た時のオッズは高くなるわけですが、これは思ったほど高くならない、というのが私の考えです。

例えば、単勝オッズ100倍の大穴馬がいたとする。

この馬の単勝を購入すれば、的中したときに賭け金は100倍になります。



▼100倍というと、ものすごく儲かるような感じがしますが、実はそうでは無い。

なぜかというと、多くの場合、単勝オッズ100倍の馬の平均勝率は、1%未満だからです。



▼単勝オッズ100倍ということは、勝率が1%以上にならないと赤字になってしまうわけ。

目先のオッズに気をとられて、大穴で大儲けしようとしてもなかなかうまくいかないのは、これが理由です。



▼もちろん、単勝オッズ100倍で勝率が1%以上の馬は、います。

でも、その数は非常に少ない印象。

100頭のうち、5~10頭もいれば良い方でしょうか。



▼なので、大穴馬で利益を出すためには、この「5~10%の期待値が高い大穴馬」を探し出して、そこだけ購入する必要があるわけです。

これは、競馬初心者さんにはかなり難しいと思われます。

100頭見て、95頭をカットする。

この難解な作業は、初心者さん向きではありません。



▼なので、競馬初心者さんが取り組むとしたら、「中穴」か「本命サイド」ということになります。

的中率を上げたいなら、当然本命サイドになります。

ただ本命サイドの場合、回収率を上げるのが難しくなる。

なので私は、競馬初心者さんが無理なく利益を狙っていくために、中穴ゾーンあたりを推奨するわけです。



▼▼では次に、購入する馬券種ですが、競馬初心者さんは「三連系」は控えめにした方が良いと思われます。

三連系というのは、三連単と三連複ですね。

1~3着まで全て拾う必要があり、難易度が高い馬券になります。



▼三連系は、競馬に慣れている人にとっては、利益を出しやすい馬券になります。

三連系の場合、総買い目点数が多く、オッズに歪みが出やすい。

つまり、買い目点数が多い分、オッズに間違いが発生しやすいわけです。



▼「強いのに人気がない馬」とか「弱いのに人気がある馬」というのを見たことがあると思います。

競馬で勝つには、「強いのに人気がない馬」を狙っていく必要があります。

逆に言えば、これさえできれば簡単に馬券で利益を出すことができるわけです。



▼その点で、三連系はこのようなオッズの歪みを発見しやすく、利益を出しやすいわけです。

ですが、競馬初心者さんの場合は、このようなオッズの間違いを発見するだけのスキルがありません。

知識がない人が三連系に挑戦してしまうと、「弱いのに人気がある馬」を買わされてしまうんですね。



▼このような馬を、「期待値が低い馬」と言います。

競馬の場合、期待値が低い馬を購入してしまうと、その時点で、どんなに馬券が的中しようが、長期的には必ずマイナス収支になってしまいます。

ここは、競馬初心者さんには難解な部分かもしれませんが、馬券で勝つために最も重要なポイントなので、頑張ってついて来てください。



▼競馬で勝つためには、期待値の高い馬を選んで購入しなければならない。

そのためには、三連系の馬券が有利である。

でも、競馬初心者さんの場合は、まだ期待値を判断する知識がないので、逆に儲からない馬を掴まされてしまう。



▼したがって、競馬初心者さんが馬券種を選ぶ時は、「馬連かワイド」が良いと思います。

ワイドも三連系ですが、3頭全て的中させる必要はないので、かなり難易度は下がります。



▼競馬初心者さんが使いやすい馬券種としては、やはり馬連が一番良いかと思います。

馬連は、「軸馬を決めて、そこから流す」という馬券の基本を学びやすいんですね。

なので、競馬初心者さんは、まず「期待値の高い軸馬」を探すところから始めていきましょう。

軸馬の期待値さえ高ければ、長期的には負けなくなります。

期待値が高い軸馬の選び方については、当ブログの他の記事でもいろいろと解説しているので、そちらも併せてご参照ください。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。