買い目の絞り方

▼本日は、買い目を絞る方法について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼当ブログではいつも書いていますが、競馬というのは買い目を増やせば、的中率は簡単に上げることができます。

しかし、買い目を増やして的中率を上げても、回収率が上がらなければ利益を出すことはできません。



▼そこで、「買い目を絞る」という作業が必要になるわけです。

買い目を絞る意味は、「回収率を上げるため」

回収率を上げて利益を出すために、買い目を絞るわけですね。



▼では、どのようにして買い目を絞ったら良いのか?

まず私がやっている方法として、「13番人気以下をカットする」

大穴馬は、高配当の魅力はあるんですが、ほとんど的中率に貢献しないし、実は回収率にも貢献しにくいことが、データからわかっています。

大穴馬を拾えば、一発高配当の魅力がありますが、長期回収率の安定化を考えて、私はあまり大穴馬は狙いません。

13番人気以下をカットすることで、買い目を絞ります。



▼ちなみに、少頭数のレースなら、10番人気以下までカットしても、回収率が下がらないケースがあります。

最近は、少頭数のレースも増えてきたので、1~9番人気で馬券を構成しても、特に問題は無いことが多いです。

これで更に、買い目を絞ることができます。



▼さてここまでは、単純にオッズや人気で、買い目を絞る方法について書いてみました。

ここからは、より具体的な買い目の絞り方について考えてみます。



▼まず、「迷ったら、追い込み馬を切る」というやり方があります。

競馬の脚質には、逃げ・先行・差し・追い込み、という4種類がありますが、それぞれ回収率が違っています。



▼簡単に言えば、逃げ馬は回収率が高く、追い込み馬は回収率が低くなりやすい。

競馬のレースでは、前に行けば行くほど有利になり、的中率と回収率が上がります。

その点で、追い込み馬は最も不利な脚質であり、最も回収率が上がりにくい脚質でもあります。



▼そこで、迷ったときには、追い込み馬を切る。

もちろん、切った追い込み馬が来てしまうケースも多々ありますが、長期回収率を考えると、脚質から切るなら追い込み馬かなと。

特に、「人気薄の追い込み馬」は、回収率の上昇に貢献しないことが多いので、私はよく切ります。



▼さらに言うと、「高速馬場での追い込み馬」も、期待値が低くなりやすいです。

近年は、JRAの馬場造園課の技術が高くなっており、高速馬場と言われる、スピード馬場になりやすいです。

この高速馬場では、前残りが頻発するので、追い込み馬は不利になる。

なので、高速馬場で追い込み馬を切ることで、買い目を絞るという手もあるわけです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




枠順から買い目を絞る方法

▼買い目の絞り方についての考察を続けます。

先程の続き。

ここまでをまとめると、「13番人気以下と、追い込み馬を切ることで、買い目を絞る」というアプローチ手法があると書きました。

ここでは、さらに詳細な買い目の絞り方について考えてみます。



▼次に考えるのは、「芝のレースで、外枠を切る

芝のレースでは、明らかに内枠有利なデータ傾向にあります。

短期的には外枠の馬が来ることもありますが、長期的中率で考えると、圧倒的に内枠が有利になっています。



▼そこで、芝のレースで外枠に入った馬を軽視する。

これで買い目を減らすことが可能です。

外枠の馬は、的中率が低く、外枠を切ることで、全体の的中率を底上げすることができます。



▼特に、先ほども少し書いたように、「高速馬場」の場合、外枠がかなり不利になるので、高速馬場で外枠を切るという戦略は、有効になると思います。

外枠不利の傾向は、長距離レースになるほど顕著になります。



注意点としては、「ダートのレース」では、外枠が不利になりにくいこと。

ダートは砂なので、むしろ外枠が有利になりやすい。

この場合は、逆に「ダートで内枠を切ることで買い目を減らす」という戦略が有効になるわけです。



▼枠順と脚質をミックスした戦略もあります。

例えば、「外枠の先行馬を切る」「内枠の追い込み馬を切る」

このような形ですね。



▼先行馬というのは、内枠に入れば入るほど有利になります。

逆に言えば、先行馬が極端な外枠になってしまった場合、先行するまでに脚を使わされるので、不利になります。

そこで、外枠の先行馬をカットすることで、的中率を維持しながら、買い目を減らすわけです。



▼あるいは逆に、内枠の追い込み馬を切る。

追い込み馬は、後方から進むタイプですから、極端な内枠に入ってしまうと、馬群に閉じ込められ、抜け出してこられなくなります。

競馬は基本的に内枠有利ですが、追い込み馬の場合は、外枠の方が競馬がしやすいというケースも多々あるわけです。

そこで、内枠の追い込み馬を切ることで、ここでも買い目を絞ることができるわけです。



▼▼では次の買い目の絞り方。

牝馬を切る」ということについて考えてみましょう。



▼近年では、ジェンティルドンナやアーモンドアイなど、牝馬が牡馬より強いケースが増えてきました。

その結果、牝馬でも人気が落ちないケースが増えたわけですが、ここでは注意点もあります。



▼それは、「牝馬はやはり、牡馬より的中率が低くなりやすい」という部分です。

上述したような、アーモンドアイなどの一部の牝馬は、牡馬を蹴散らすことがあるんですが、全体的な平均を見ると、やはり牝馬は的中率が低くなりやすいわけです。



▼では、具体的なデータの数字を見てみましょう。

2015年~2019年の重賞レースのデータです。


牡馬⇒勝率7%・連対率14%・複勝率21%
牝馬⇒勝率6%・連対率13%・複勝率19%



はい。
昔よりは差が緩和された部分はありますが、やはり今でも牝馬は牡馬より、やや弱いということがわかります。



▼その点で考えると、ヒモを迷った時などは、なんとなく勘で切るよりも、牝馬を切る形にした方が、的中率は上がりやすくなるということになります。

牡馬と牝馬が同じくらいのオッズだった場合、牡馬の方が的中率が高くなりやすいという事は、覚えておいた方が良いかと思います。



▼注意点としては、「牝馬の方が馬券が売れにくいので、回収率は大差ないことが多い」という部分です。

先ほどは、「同じオッズであれば」牡馬が優勢と書きましたが、牝馬の方が人気がないのであれば、牝馬の期待値が上昇するということは十分にあり得るというわけです。

馬券というのは、常にオッズとの兼ね合いなので、この部分は注意しておいてください。



▼では次の買い目の絞り方。

リーディング下位の騎手を切る」ということについて考えてみましょう。



▼騎手には、リーディングの順位が、常につきまといます。

リーディングというのは、勝ち星の順位ですね。

すべての騎手の中で、最も勝ち星が多い騎手を、リーディングジョッキーと言います。



▼順位があるということは、上位の騎手もいるし、下位の騎手もいる。

そして、馬券における信頼度というのは、リーディング上位の方が高く、リーディング下位になるほど信頼度が下がっていきます。



▼そう考えると、馬券に組み入れる馬を迷った時、買い目点数を絞りたい時は、リーディング下位の騎手を切るという手もあるわけです。

リーディング下位の騎手は、エージェントも弱く、どうしても期待値の低い馬が集まってしまいます。

なので、リーディング下位の馬を切ることで、的中率と回収率を底上げすることができるわけです。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。