競馬素人が勝つ方法

▼本日は、競馬を始めたばかりの初心者さんに向けて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼「競馬は、素人でも勝てるの?」と、よく聞かれます。

この質問に対する私の答えは、

ギャンブルの基本さえ身に付いていれば、競馬歴は関係ない」という回答になります。



▼競馬歴が長ければ長いほど、勝ち組になれると思っている人がいるんですが、競馬で勝ち組になるためには、競馬歴はほとんど関係ないです。

ただ何となく趣味で競馬をやり続けている人。

ベテランの競馬ファンは、ほとんどがこのタイプだと思います。

そしてこのタイプは、競馬歴は長いけれど、回収率は平凡というケースが多いわけです。



▼競馬歴が長いと、確かに競馬に関しては詳しくなっていきます。

多くのサラブレットを脳にインプットしていけるし、「こういうオッズバランスの時は荒れやすいな」とか、なんとなく勘でわかるようになってきます。



▼これはこれでひとつの武器なんですが、これだけでは馬券収支をプラスにすることはできません。

なぜかというと、馬券の長期回収率をプラスにするためには、期待値が高い部分を購入しなければならないからです。

これは、当ブログでいつも書いている通りです。



▼馬券というのは、シンプルに書けば、

「お買い得な部分だけを購入すればプラスになる」

「過剰人気な部分を購入すればマイナスになる」


ただ、これだけなんですね。



▼ほとんどの競馬ファンは、期待値を無視して、「自分が買いたい馬」を買っている。

もしくは「勝つであろう馬」を買っているわけです。



▼なぜ「勝つであろう馬」を買っても、儲からないのか?

これは、馬の強さと、馬の期待値は、まったく別物だからです。

強い馬を買っても、儲かるわけではない。

もうちょっと詳しく言うと、強い馬にも2種類あって、「強くて儲かる馬」と「強いけど儲からない馬」がいるわけです。



▼これを期待値と言うわけですが、ベテランの競馬ファンでも、ただの競馬好きの人は、この期待値という概念にたどり着くことができません。

自力予想では限界がある。

同じ1番人気でも、儲かる1番人気と、儲からない1番人気がいるということを認識しなければならないわけです。



▼そう考えると、競馬素人でも、この辺のギャンブルの基本を頭に入れておけば、競馬歴が長い人にも簡単に勝つことができます。

競馬で勝つためには、競馬に関する知識はそれほど必要なく、「ギャンブルと馬券に関する知識」が絶対に必要なわけです。

馬券の知識が頭に入っていれば、競馬素人でも、競馬を始めたばかりの人でも、いきなり年間プラス収支を狙っていくことが可能です。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




競馬素人でも勝てる馬券の買い方

▼競馬を始めたばかりの初心者さんについての考察を続けます。

ここでは、競馬素人さんの具体的な馬券の買い方について考えてみましょう。



▼まず、まだ馬券の買い方さえよくわかっていないシロウトさんの場合。

やってはならないのは、三連系に手を出すことです。

三連系というのは、三連複と三連単。

この2つの馬券種は、平均配当が圧倒的に高く、少ない資金でも一攫千金を狙うことができます。



▼なので、現在の馬券の売り上げの中でも、三連系はその多くを占めています。

競馬はギャンブルなので、多くの人が、「少ない資金を爆発的に増やしたい!」と思っているわけです。

だから、オッズが高い三連系は、人気になるんですね。射幸心を煽るので。



ただ、競馬素人が三連系にうっかり手を出すと、いきなり大きく負けることになります。

三連系は、総買い目点数が他の馬券種に比べてかなり多く、買い目を絞って買うと、ほとんど当たりません。



▼なので、三連系でまともな的中率にするためには、他の馬券種よりも、買い目点数を増やさなければならないわけです。

要するに、多点買いしないと、三連系は的中率が低くなりすぎるわけ。



▼でも、多点買いするということは、1レースの購入金額が大きくなってしまうということになる。

例えば、「三連単の6頭ボックス」

この場合の買い目点数は120点になります。

つまり、1レースで12000円も購入することになってしまうわけです。



▼これはかなりのハイリスク。

当たればいいですが、競馬の場合は、外れる確率の方がずっと高いので、ある程度の連敗を想定しなければならない。



▼「三連単の6頭ボックス」の場合も、どんなに本命サイドの馬を組み入れて、的中率を上げたとしても、普通に5連敗くらいはします。

12000円で5連敗すると、マイナス60000円です。

6万円は痛い。

特に、競馬を始めたばかりの競馬素人さんがいきなり6万円も負けてしまったら、そこで心が折れて、競馬を辞めてしまうでしょう。



▼なので、競馬素人さんが馬券購入する場合は、

単勝・馬連・ワイド

この辺をおすすめします。

一攫千金を狙うタイプの馬券種ではありませんが、的中率が高くなるし、資金力もそれほど必要ないので、競馬初心者さんには最適な馬券種になると思います。



▼▼私が、競馬初心者さんにオススメするのは、「馬連流し」ですね。

軸馬を1頭決めて、そこから3~5点くらいに流す買い方です。



▼この買い方は、競馬の素人さんが馬券に慣れながら、回収率も高めていくために有効です。

馬連流しは、最もオーソドックスな買い方なので、馬券の基礎を身につけるのに最適なんですね。



馬連流しの注意点としては、

・軸馬は人気馬にする(1~4番人気)
・断然人気の馬を軸馬にしない
・ヒモは中穴馬を基本とする



はい。
これが基本的な買い方になると思います。



▼まず、「軸馬は人気馬にする

なぜかというと、軸馬を人気薄にしてしまうと、極端に的中率が下がるからです。



▼例えば、8番人気馬の連対率は8%しかありません。

という事は、いつも8番人気あたりの馬を軸馬にしていると、的中率は最大でも8%未満になってしまうということです。



▼的中率8%は、競馬初心者さんにはかなり厳しい数字です。

92%以上は、馬券が外れてしまう。

これだと、連敗期間が長すぎて、あっという間に手元の資金を失ってしまいます。



▼これに対して、1番人気馬の連対率は50%近くあります。

なので、ヒモ選びが苦手な競馬初心者さんでも、馬連の的中率は20~30%くらいになるわけです。



▼ただし、ここで注意点があります。

断然人気馬を軸馬にしない

これは重要なポイントです。



▼競馬の素人さんは、競馬新聞に「◎◎◎◎」という感じで、たくさん印が付いている馬を好みます。

なぜかというと、素人さんは自分の中に信念がないので、競馬新聞に印がたくさんついていると安心するからです。



▼しかしながら、このような断然人気馬を軸馬にする習慣がついてしまうと、なかなか回収率が上がらなくなります。

なぜかというと、断然人気の馬というのは、過剰人気になりやすいからです。



▼過剰人気というのは、馬の能力以上に馬券が売れてしまっている状態。

この状態になっている馬は、どんなに的中率が高くても、長期的には利益は出ません。

なぜかというと、好走確率よりも、オッズが低いからです。



▼馬券で儲けるためには、好走確率がオッズを上回っていなければならない。

そう考えると、断然人気の馬は過剰人気になるので、馬券購入しても儲からないということになる。

なので、競馬初心者さんが断然人気の馬を軸馬にしたくなった時は、別の馬からのワイド馬券を考えるか、別のレースを購入することをオススメします。



▼▼それから、「ヒモは中穴馬を基本とする」について。

馬連で軸馬を1~3番人気あたりの人気馬にした場合、相手ヒモ馬は、4~9番人気あたりの中穴馬にすると良いです。

このようなバランスにすることによって、「人気馬と人気薄」の組み合わせを購入することになり、回収率を上げやすくなるからです。



▼馬連の組み合わせは、大きく3パターンあります。

①人気馬+人気馬
②人気馬+人気薄
③人気薄+人気薄


はい。
①は、本命サイドを狙う戦略で、最も的中率が高くなります。

競馬初心者さんがよく購入するゾーンでもあります。

ただ、馬券を当てやすい反面、プラス収支にしにくいゾーンでもあります。



▼なぜかと言うと、「①人気馬+人気馬」の本命サイドは、オッズが低く、合成オッズも低くなりやすいからです。

この辺は、競馬初心者さんには難解かと思いますが、大切なところなので解説しておきます。

本命サイドの馬券は、オッズが低い。

オッズが低いと、控除率の壁を超えることが難しくなるんですね。



▼馬券には、平均25%の控除率が設定されています。

つまり、JRAが最初に、売上から25%を持っていってしまうわけですね。

なので、馬券で利益を出すためには、この控除率の25%を上回るような馬券を購入する必要があるわけです。



▼そう考えた時に、オッズが低い馬券だと、オッズに歪みが発生しにくく、なかなか控除率の壁を越えていかないことになるわけです。

本命サイドの馬券は、回収率80%くらいまでは簡単に行くんですが、そこから100%を超えるのがとても難しいです。

本命サイドで利益を出すためには、厳密にレースを選ぶ必要があり、それは初心者さんには少し難しいので、あまりお勧めしていません。



▼それに対して、「②人気馬+人気薄」は、2頭目に人気薄を絡めるので、馬連オッズが高くなります。

先ほどの本命サイド狙いより、的中率は下がりますが、プラス収支にできる可能性が高くなります。

馬券は結局のところ、的中率を上げても意味がなく、回収率を上げることが重要です。

そう考えると、人気馬ばかりで馬券を構成するより、人気馬と人気薄を絡めて馬券を構成する方が、利益につながりやすいと言えます。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべきサイトを紹介。
年間プラス収支の私が、ずっと利用している競馬情報でもあります。
 ↓↓
この馬券学校。

その他、無料で使える競馬情報ランキングは、こちらにまとめました。
 ↓
無料だけど役立つ競馬サイトランキング