競馬のボックス買いは勝てるか?

▼本日は、ボックス買いの優位性について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼ボックス買いで競馬を楽しんでいる人は多いようです。

流しだと、軸馬が飛んだ時点でハズレ確定なのに対し、ボックス買いだと最後まで楽しめるのが魅力ですね。



▼的中率も高く、競馬初心者さんでも楽しめるボックス買い。

ただ、使い方を間違えるとトリガミ連発になったり、なかなか利益が出なかったりします。



▼では、このボックス買い。果たして競馬で勝てる買い方なのか?

私なりの結論を書けば、

ボックス買いでも、もちろん勝てる

ということになります。



▼ボックス買いの場合、最も難しいのは、期待値判断になります。

流し馬券の場合は、軸馬の期待値さえ高ければ利益が出るんですが、ボックス買いの場合は、何を重視すればいいのかが難しいわけです。

ただなんとなく来そうな馬をボックスに組み入れても、長期回収率をプラスにすることは難しいです。



▼まず大切なのは、ボックスに組み入れる馬の「人気

この人気が偏ってしまうと、一気に回収率が下がってしまいます。

では、どのような人気構成にすれば、回収率が上がるのか?



▼まず避けた方がいいのは、「人気馬ばかりのボックス買い」

これは、的中率は極めて高いんですが、回収率は80%くらいで頭打ちになりやすく、プラス収支にするのが、ものすごく難しいです。

人気馬ばかりだと、「人気の盲点」を狙うことができないので、なかなか回収率が上がらないわけです。



▼それから、避けた方がいい事もう一つ、「大穴ばかりのボックス買い」

これも、回収率が上がらない傾向です。

もちろん高配当を1回引けば、一気に回収率は上がるんですが、それは一時的なものに過ぎない。

同じ買い方で大穴を狙い続ければ、必ず連敗し、利益は飲まれます。



▼また、大穴ばかりのボックス買いだと、的中率も極めて低くなります。

競馬の場合、人気馬が上位に入ってくる確率がとても高いので、人気馬を外した大穴ボックスは、ほとんど当たらないわけです。



▼以上のようなことを勘案すると、ボックス買いに組み入れる馬の人気が見えてきます。

別の記事でも書いていますが、例えば、5頭ボックスなら、

人気馬2頭。中穴馬3頭

このような感じのバランスにすると、的中率と回収率がいい感じに収束します。

ポイントは、人気馬を2頭ほど含めること。

これだけで、ボックス買いの馬券収支は、明らかに安定してくると思います。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




ボックス買いの買い方の例

▼競馬のボックス買いは勝てるか?についての考察を続けます。

ボックス買いは、流しより勝ちにくいですが、それでも勝つ事は十分に可能です。

上述した通り、ボックス買いは特殊な買い方なので、ポイントを押さえて購入することが重要になります。

参考記事
 ↓
ボックス馬券の買い方



▼私が馬券を当てた、具体的なレースについても見てみましょう。

例えば、2019年のヴィクトリアマイル

このレースは、馬連5頭ボックスで、簡単に3700円を当てたレース。



▼1番人気はラッキーライラックで、単勝オッズは4.3倍。

これは見るからに荒れそうな雰囲気。しかも牝馬限定戦。

ボックス馬券で勝負する場合、「荒れそう」と感じるレースで勝負することが重要です。

固い決着なら、流しの方が買い目点数を絞り込める分、有利になるからです。

ボックス馬券で買うなら、荒れそうなレースですね。



▼ということで、 2019年のヴィクトリアマイルは、ボックス買いに最適なレースでした。

ここで私が、ボックス馬券に組み入れた馬の人気は、


ラッキーライラック(1番人気)
レッドオルガ(3番人気)
プリモシーン(4番人気)
ノームコア(5番人気)
ソウルスターリング(8番人気)



はい。
この5頭ボックスです。



▼先ほど少し書いたように、「人気馬2頭。中穴馬3頭」というバランスを意識して構成しています。

結果は、ノームコアとプリモシーン。5番人気と4番人気で決まり、馬連3700円でした。

10点買いなので、まずまずの回収率ですね。



▼ボックス買いの場合、人それぞれの性格が出やすいので、

「ついつい大穴狙いしてしまう人」
「ついつい人気馬ばかり購入してしまう人」

この2タイプが多いです。

でもこれは、どちらも上述した通り、回収率が上がりにくいわけです。



▼なので、ボックスで買うなら、「人気馬2頭。中穴馬3頭」を常に意識しておくとよいかと思います。

これは、レースによっては、「人気馬1頭。中穴馬4頭」でもOKです。

馬連boxの場合、人気馬を1頭入れておくと、的中率が一気に上がるので、馬券収支が良くなりやすいです。

Boxだと、どうしても大振りになりやすいわけですが、あまり振り回すとボックスでもまったく当たらなくなるので、ボックスに組み入れる馬の人気は、バランスを取ることが重要です。



▼▼では次のレースを見てみましょう。

次は、2019年のオールカマー。
ここは、10頭立てと少頭数だったので、ボックス買いにするか迷うレースですが、1番人気はルメール騎手から福永騎手へ乗り替わりのレイデオロ。

2番人気は、前走が海外で、しかも2000mを超える距離には不安があるウインブライト。

これは荒れる可能性が高いと見て、ボックス勝負にしました。



▼10頭しかいないので、ボックスに組み入れる頭数は、いつも以上に絞り込む必要があります。

いつもは「馬連5頭ボックス(10点)」が多いんですが、ここは「馬連4頭ボックス(6点)」にしました。



▼ここで私が、ボックス馬券に組み入れた馬の人気は、


レイデオロ(1番人気)
ミッキースワロー(3番人気)
スティッフェリオ(4番人気)
ゴーフォザサミット(7番人気)


このようなバランスにしました。



▼人気馬を1頭入れて、残りは中穴という、いつも通りのスタイルです。

結果は、スティッフェリオ(4番人気)とミッキースワロー(3番人気)で決まり、馬連2240円でした。

6点買いなので、賭け金は3倍以上になっており、まずまずの成果となりました。



▼ここでのポイントは、10頭立てに合わせて、4頭ボックスに減らしたことと、人気馬を1頭だけ入れたことですね。

通常であれば、「5頭ボックスで人気馬2頭」というスタイルですが、これはあくまでも多頭数での戦略になります。

今回のオールカマーでは、頭数が10頭しかいなかったので、5頭ボックスにすると半分の馬を購入することになってしまい、買い目点数が多すぎるわけです。



▼少頭数のレースの場合、ボックスにするなら、3頭ボックスか4頭ボックスが基本になります。

ただ、3頭ボックスだと3点しか購入しないので、あまりボックス買いのメリットが享受できない部分があります。

なので私は、少頭数の時は、4頭ボックスにすることが多いです。



▼それから、人気馬を1頭入れたことに関しては、基本は人気馬2頭ですが、4頭ボックスで人気馬2頭にしてしまうと、人気馬の比率が50%になってしまい、人気サイドに寄り過ぎてしまいます。

全体のバランスを考えると、4頭ボックスなら「人気馬1頭・中穴3頭」がベター、ということになるわけです。

このあたりは、感覚的な部分になりますが、慣れればすぐにわかると思います。

合成オッズの概念とも関わってくる部分になるので、詳細は当ブログの他の記事も参考にしてみてください。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。